いなげ司法書士事務所
事例1211万円の借金がなくなり、逆に100万円が手元に残った事例。

(甲さんの場合)

当初の債務残高⇒189万円
A社平成5年から借入れ残高35万円
B社平成5年から借入れ残高43万円
C社平成9年から借入れ残高48万円
D社平成10年から借入れ残高40万円
E社平成10年から借入れ残高23万円
債務整理の結果
A社裁判外で返還和解回収額53万円
B社裁判外で返還和解回収額89万円
C社裁判外で返還和解回収額15万円
D社裁判外で返還和解回収額13万円
E社裁判外で返還和解回収額20万円

債務整理後の債務残高⇒0円
(借金がすべてなくなりました)

まとめ

甲さんは189万円の借金が債務整理をした結果、過払い金を190万円回収して借金がすべてなくなり、逆に100万円が手元に残りました。

▲ページTOPへ

事例2過払い金を138万円回収して借金が226万円減った事例。

(乙さんの場合)

当初の債務残高⇒411万円
A社昭和63年から借入れ残高98万円
B社平成12年から借入れ残高73万円
C社平成15年から借入れ残高49万円
D社平成16年から借入れ残高191万円
債務整理の結果
A社過払い訴訟を提起回収額138万円
B社残金27万円を過払い金で一括返済
C社残金33万円を過払い金で一括返済
D社残金185万円を分割返済(36回払)

債務整理後の債務残高⇒185万円
(当初の債務より226万円の減額に成功)

まとめ

乙さんは411万円の借金が債務整理をした結果、過払い金を138万円回収して、そのお金でB社とC社の負債を一括返済することができました。D社については3年で分割返済することになりました。

▲ページTOPへ

事例3284万円(8社)の借金が過払い金で0円になった事例。

(丙さんの場合)

当初の債務残高⇒284万円
A社平成元年から借入れ残高48万円
B社平成3年から借入れ残高66万円
C社平成5年から借入れ残高18万円
D社平成8年から借入れ残高20万円
E社平成12年から借入れ残高28万円
F社平成12年から借入れ残高4万円
G社平成12年から借入れ残高40万円
H社平成14年から借入れ残高60万円
債務整理の結果
A社過払い訴訟を提起回収額119万円
B社裁判外で返還和解回収額6万円
C社裁判外で返還和解回収額13万円
D社裁判外で返還和解回収額21万円
E社過払い訴訟を提起回収額7万円
F社残金4万円を過払い金で一括返済
G社残金6万円を過払い金で一括返済
H社残高29万円を過払い金で一括返済

債務整理後の債務残高⇒0円
(借金がすべてなくなりました)

まとめ

丙さんは284万円の借金が債務整理をした結果、過払い金を166万円回収して、そのお金で残った負債39万円を一括返済することができ、さらに手元に20万円近く戻ってきました。

▲ページTOPへ