いなげ司法書士事務所

過払い請求の対応(プロミス)

※ 平成23年12月現在

取引履歴が開示されるまでの期間

開示請求から1ヵ月前後。

和解可能な金額

訴訟をしないと過払い元金の5割程度。
訴訟をすれば返還日までの過払い利息を含めた過払い金全額の回収が可能です。
ただし、過払い元金が司法書士の訴訟代理権の上限である140万円を超えた場合は地方裁判所での本人訴訟となります。
なお、本人訴訟の場合、必然的に過払い金額が大きくなりますので、過払い利息を含めた全額を回収しようとすると、弁護士を選任して争ってくる場合があります。
ただし、本人訴訟の場合でも、過払い元金全額に多少の過払い利息を含めた程度の金額であれば、依頼者本人が裁判所に出廷する前に和解になることがほとんどです。

過払い金が返還されるまでの期間

手続開始から半年前後。
※ 当事務所では全件訴訟のため、訴訟しないで和解した場合の期間はわかりませんが、訴訟した方が早く回収できるのは確実と思われます。

当事務所の回収基準

原則的に訴訟をした上で、返還日までの過払い利息を含めた過払い金全額を回収します。
過払い元金が140万円を超える本人訴訟の場合、過払い元金+αで和解し、依頼者本人が出廷しないで済むケースが多いです。

注意点

プロミスは平成22年に三洋信販、平成23年にアットローンをそれぞれ吸収合併しました。旧三洋信販もしくは旧アットローンで借金が残っていて、プロミスの過払い金よりも旧三洋信販もしくは旧アットローンの借金の方が多い場合、トータルでは借金が残ることになるため、信用情報がいわゆるブラックになってしまうので注意が必要です。
なお、プロミスの過払い金が旧三洋信販もしくは旧アットローンの借金よりも多ければ、ブラックになることはありません。