いなげ司法書士事務所

過払い請求の対応(新生フィナンシャル)

※ 平成23年12月現在

取引履歴が開示されるまでの期間

開示請求から1ヵ月前後。

和解可能な金額

訴訟をしないと過払い元金の5割前後。
訴訟をすれば返還日までの過払い利息を含めた過払い金全額の回収が可能です。
ただし、過払い元金が司法書士の訴訟代理権の上限である140万円を超えた場合は、地方裁判所での本人訴訟となります。
なお、本人訴訟の場合、必然的に過払い金額が大きくなりますので、過払い利息を含めた全額を回収しようとすると、弁護士を選任して争ってくる場合があります。
ただし、本人訴訟の場合でも、過払い利息を含めたほぼ満額で和解が成立し、依頼者本人が裁判所に出廷する前に和解になることが多いです。

過払い金が返還されるまでの期間

手続開始から3〜4ヵ月。
※ 提訴しても1回目の期日前に和解になり、和解後1〜2ヵ月で入金になることがほとんどです。

当事務所の回収基準

原則的に訴訟をした上で、返還日までの過払い利息を含めた過払い金全額を回収します。

注意点

サラ金業者の中では、最も過払い請求の対応がよいといえます(ただし、訴訟をした場合)。しかし、平成5年10月以前の履歴を開示しないため、それよりも前から取引がある場合は、冒頭残高を無視して計算(いわゆる「0スタート計算」)するか、古い契約書等が残っていれば、それを元に推定計算した上で提訴する必要があります。
グループ会社に新生カード(旧GEカード、旧GCカード)という別会社がありますが、過払い請求の対応は、新生フィナンシャルとほぼ同じです。